使い道。

2014年7月11日 no comments

私の家ではお店で何か買って入れてもらった紙袋を捨てずに取ってあります。
あまりにも多くなってしまって困る時もありますが、人にちょっとした物を渡したりする時に便利なのです。
以前お弁当を会社に持って行っていた時には小さめの紙袋にピッタリなので活用していました。
売っている紙袋もそうだけど、お店でもらえる紙袋もデザインの良いものが多いです。
それもあって捨てるのはもったいないと思ってしまいます。
今は断捨離という言葉が流行っていたりして、パッパッと潔く捨てるのがいいようなイメージもあるとありますが、やっぱりまだ使える物を捨てるのは持ったいないと思います。
昔の人のようにタオルなどにしてももう顔を拭いたりするのにはちょっと無理かなとなった物を雑巾にしたり、また着なくなった服を裂いて紐のようにして編んでマットにしたりしていましたよね。
今は始めから雑巾も売ってあるし再利用するという意識が自分も含めて薄くなってしまっていると思います。
これからはもっと色々な物を大事に使って無駄のない生活をしたいです。

選ぶ時

紙袋、日本一有名な紙袋は、あの新宿伊勢丹の紙袋ではないでしょうか。
新宿伊勢丹に買い物に行ったことのない人でも知っている紙袋と思います。
またテレビでも芸人さんが、同じイメージのスーツを着ていることでも知られているのかも知れません。
また、同じ東京の三越の紙袋も有名と思います。
清楚なで品のある紙袋と思うのです。
そんな紙袋、イメージアップに繋がるものと思うのです。
例えば、ケリーバッグが流行った頃があるように、イメージがあると人の心を引き付ける要素が出て来ると思うのです。
ですから紙袋一つくらいと、手を抜いてしまっては人の心へ訴えることが出来ないことも多いと思うのです。
また結婚式の引き出物、これらを包む紙袋も大切なものと思います。
間違っても近所のスーパーの紙袋ではないと思うのです。
そこには、お客さまへのこころを込めた感謝の気持ちが入っているのです。
大事な紙袋にもなるのです。
そんな紙袋を選ぶ時、オーダーも出来るのです。
時と場合によっては、大事な選択になるのかも知れません。