お洒落にリノベーションしよう

中古マンション中古団地、中古一戸建てなどをお洒落な住まいに変えることをリノベーションと言います。リフォームは年月が経過して傷んできた住まいを、新築のときの状態に戻すことを言います。これに対してリノベーションというのはもっと本格的な工事のことを指します。建物をいったん骨組みだけのスケルトン状態にして、そこから本来の住宅とは全く違う、それ以上に付加価値のある住宅に生まれ変わらせるのです。古いマンションでも自分のこだわりを入れたオリジナリティのある住まいにできます。デザイナーズマンションのように、洗練されたお洒落な空間の部屋にすることも可能です。今は中古住宅の紹介、売買交渉、売買契約、ローン申し込み、見学、リノベーション工事、家具家電選び、入居などを一括してサービスしてくれる不動産会社もあります。

今後のマンションはリノベーションで生き残れるか

リノベーションというのはリフォームの大規模工事版のようなものです。これはリフォームはせいぜい内装の設備や化粧版や床材を取り換えるくらいで済ませているのに対して、リノベーションは建物そのものの構造にしっかりと手を入れて大規模な改修工事を行い、単に初期の性能や見た目に戻すだけではなくて、まるで新築の建物みたいに仕上げるのです。つまり部屋と部屋の間のカベも取り払ったりなどしたり、用途変更で間取りを変えたりすることもこれの範囲に含まれるのです。この工事はうまくすれば今後のマンションや戸建て住宅のあり方にも大きな影響を与えるかもしれません。というのはこれまでの日本の住宅のあり方は短い期間での建て替えが主流だったために住宅に対する費用が高すぎるデメリットがありました。ですがこの工事をすれば寿命を長くすることができて住宅投資の費用を抑えられるほか、余計な税金を払わないでもいいし、マンションなどでは建て替えを巡って区分所有で揉める可能性を少なくできる期待を持たせることができるかもしれないのです。

賃貸でもリノベーション可能物件が人気です

以前であれば、賃貸物件を勝手にリフォームしたり、リノベーションしたりすることはまず不可能だと思われていましたが、現在ではそうとも言い切れなくなってきたということをご存知でしょうか。現在では、リノベーションをすることを前提に貸し出している賃貸物件というものが存在し、ひそかに注目を集めているのです。入居前のリフォームやハウスクリーニングなどはされてない代わりに、借主は格安な家賃で物件を借りることが可能となります。つまり、貸主側は借主が入居した際には好きなように部屋を変えていいということを条件に、リフォームやハウスクリーニングを行わずに貸すことができるのです。現在ではDIYを趣味とする人も大変増えてきていますから、このような物件に対するニーズは年々高まっています。自分好みの部屋を作れ、さらに家賃も割安なので、部屋にこだわりを持つ人には大変お勧めの物件といえそうです。